さとるくん②

昨日紹介した、都市伝説「さとるくん
漫画もうひとつおまけです。

さとるくん①

怪人アンサーに引き続き、
質問に答えてくれる系都市伝説の紹介です。


『さとるくん』
日本の都市伝説。怪談。
公衆電話を使った儀式を行うことで呼び出すことが出来る。
さとるくん1

怪人アンサー

久々の都市伝説紹介です。
怪人アンサー

『怪人アンサー』

日本の都市伝説。
10台の携帯電話を使った儀式によって呼び出される怪人。
こちらのどんな質問にも答えてくれるが、
最終的ににアンサーからも質問され
答えられなかった場合、身体の一部を取られてしまう。

赤い靴(アンデルセン童話)

アンデルセン作の童話『赤い靴』より
少女カーレンと、剣を持つ天使の邂逅シーンです。

赤い靴

(2回クリックで拡大します)

「おまえは、踊りつづけるのだ!」と、その天使がいいました。

「おまえの赤い靴をはいて、踊るのだ。
おまえが、青ざめて、つめたくなってしまうまで!
おまえの肌が、まるで骸骨のようにちぢんでしまうまでも!
おまえは、この家の戸口からつぎの戸口へと、踊っていくのだ。
そして、うぬぼれやで、みえっぱりな子供の住んでいる家に行ったら、そこの戸をたたくのだ。
そうして、その子たちが、おまえの来たのを聞きつけて、おまえをこわがるようにするのだ!
おまえは、踊るのだ!踊るのだ!」

「許してください!」
と、カーレンは叫びました。


《引用:『赤い靴』 アンデルセン著、大塚勇三編・訳》
    (アンデルセンの童話3「雪の女王」所収)

2017年・年賀

謹賀新年2017

『波山(ばさん)』

伊予(愛媛県)に伝わる妖怪。
夜更けに山家の門口をばさばさと叩く音がして、戸を開けるが何もいないということがあり
それゆえに別名「婆娑婆娑(ばさばさ)」とも呼ばれている。
常に深い藪の中に棲んでおり人目に付かないが
口から火を吐き、夜な夜な飛行するのだという。



あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします!

今年は酉年ということで、妖怪「波山」を描いてみました。
竹原春泉の『絵本百物語 桃山人夜話』に登場し、
「庭鳥(にわとり)の大きいものに類する」とか書かれてる波山。
口から火を吐き空を飛ぶでっかい鶏って、…何だかすごい。