マザーグースってなあに

当ブログでも、時々取り上げております「マザーグース」について。

マザー・グース



マザー・グース(Mother Goose)とは、別名ナーサリー・ライム(Nursery Rhymes)とも言われる英国伝承童謡です。といってもイギリスだけでなくアメリカで生まれたものもあり、つまりは英米地域で古くから親しまれる童謡です。

ほほえましくて明るいものから、残虐で皮肉のこもったもの、あるいは語感を楽しむようなナンセンスなものまで、マザーグースは様々です。それなのに英語圏では子供から老人まで知っている、ごくごく身近な歌ばかりです。

映画や文学にも引用されることが多く、例えば『不思議の国のアリス』では、マザーグースなしではストーリーが成り立たないと思われるほどの引用っぷり。さらに『鏡の国のアリス』に出てくる「ハンプティ・ダンプティ」や「トゥイードルダムとトゥイードルディー」はマザーグースから作られたパロディ的キャラクターです。推理小説でもマザーグースは多く、アガサクリスティがモチーフとして多用していたことでも有名です。日本でも童謡として知られる「メリーさんの羊」「きらきら星」「ロンドン橋落ちた」もすべてマザーグース。映画だと、マリリンモンロー主演の『お熱いのがお好き』のタイトルもマザーグースからの引用です。

英語圏で古くから親しまれてきたマザーグース。知らないうちに耳にしている歌が、まだまだ沢山あるかもしれません。


○○○


ところで、これからはマザーグースの紹介もメインコンテンツとして増やしていきたいと思っています。
そろそろネタが溜まってきたことですし。もちろん妖怪・怪談の紹介もこれまで通りに行います。そこは譲れません。妖怪等と同様、絵や漫画での分かりやすい紹介を目指すつもりです。

ちなみに当ブログでのマザーグースの日本語訳は、いくつかの文献を参考にしつつオリジナルで訳しております。分かりやすくリズムの良い訳を心がけていますが、もしも翻訳ミスを発見されましたら、こっそりコメントやメールフォームから教えていただけると有難いです。英語は昔から何分不得手なもので…未だ勉強中です。


あと、カテゴリも色々変更いたしますのでご注意を。マザーグースは「その他イラスト」から分離させるつもりです。沖縄怪談もそろそろ別カテゴリを作るべきか…悩みどころです。



※追記 カテゴリ変更しました。カテゴリ「マザーグース」からどうぞ。

関連記事
[ 2013/05/26 18:53 ] マザーグース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/95-ff9cec7f