仲西ヘーイ

仲西

『ナカニシ(仲西)』

沖縄の妖怪。仲西とは人の姓である。
晩方、那覇と泊の間にある塩田潟原の潮渡橋付近で「仲西ヘーイ」と呼ぶと出てくるという。



説明これだけですか、と聞きたくなるような謎の妖怪・仲西。



他にもこんな民話があります。

モーイ親方という人物が、夜中の墓で夫の骨を洗骨する女と出会った。(沖縄では昔、土葬・風葬したあとから骨を洗って墓に納めるという慣習があった)。モーイは洗骨を手伝い、法事のために金も与えた。
するとそれ以後、モーイが夜道を歩くと前方に提灯の明かりが付いて足元を照らすようになった。姿は見えないが声をかけると返事をし、洗骨のお礼だと言った。モーイは納得したが、しかしそういつもは必要ないと返した。それなら用事のあるときは、三度「仲西ヘーイ」と声を掛けてくれればいつでも現れると約束した。
ある日、モーイは火急の連絡で山原へ行かねばならなくなった。モーイが「仲西ヘーイ」と呼びかけると、牛のような姿が現れ、モーイを乗せて山原へ向かった。モーイは驚くべき速さで山原へ辿り着き、連絡を届ける事ができたという。



提灯、牛、と姿の変わる不可思議な存在・仲西。イラストのデザインに角が生えてるのはそういうことです。
ちなみに仲西を呼ぶと、物迷い(神隠し)に会ってしまうとも言われています。親しみやすいんだか恐ろしいんだか。


(参考:金城朝永『琉球妖怪変化種目』、崎原恒新『琉球の死後の世界』)



※追記 「仲西」の出る潮渡橋に行ってみた。

※さらに追記 仲西ヘーイの説明を補足しました。

※さらにさらに追記 仲西についての注意とか。(漫画)
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/83-9378f063