『幻想百物語埼玉』入手しました

埼玉県が発行している『幻想百物語埼玉-妖怪編-』、最近ようやく手に入れました。
まだ配布しててよかった…。

幻想百物語埼玉

2012年3月に発行された、埼玉県の妖怪を紹介するガイドブックです。埼玉県の広聴広報課で無料配布されています。返信用封筒(140円切手を貼付)を郵送すれば県外の方でも入手可能です。
詳しくはこちらから → https://www.pref.saitama.lg.jp/a0301/saitamakennomiryoku/gensou.html(埼玉県HP)

(※追記 該当ページがなくなっていたようなので差し替えました。どうやら妖怪編に引き続き「歴史編」と「開運編」が作成されたようです。)
(※さらに追記 再度ページを差し替えました 2015/1/19)



無料配布用のガイドブックなので情報量としてはそこまで多くありませんが、分かりやすく読みやすく、コラム等も面白いです。やたら河童に詳しい埼玉県。この冊子に従って、妖怪巡りの旅に出たい…。

掲載されている妖怪の中でも興味深いと思ったのは、「本書で一番危険な妖怪」という『チトリ』です。日高市女影北、平沢地区にて確認されたという妖怪。「刃物を持って麦畑に隠れ、人を襲って血を採ってしまうという非常に残虐な妖怪である」「なお、東京都日ノ出市には明治時代にチトリが出現し、犠牲者が出たと言われている」とのこと。
最近赤マントの記事を書いたばかりなので、そこはかとなくデジャブを感じたり。こういうあからさまに危険な妖怪も良いですねぇ楽しいなあ。こんなのが近所に出るなんて噂を聞いたらもう…一人では外出しませんね。


その他にもー。

オクポ:日高市に伝わる妖怪。大木に生息し、夕暮れ時になると奇妙な声を上げる。

オクポ
オクポが向山で鳴くと翌日は晴れ、日高の古刹・高麗山聖天院の山で鳴くと人が死ぬ前触れだとされた。どのような姿をして、どのような声で鳴くのかは不明。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/77-440152b4