琉球怪談朗読会

25日にジュンク堂書店で開催された、琉球怪談朗読会『琉球怪談コテン古典』に参加してきました。

またしてもジュンク…怪談イベント多いです。
今回は現代怪談ではなく、古典と呼ばれるような古い文献から集めた怪談話が中心でした。
古い怪談なので、今ひとつ現実味が無かったりしてそんなに怖くはない。…のですが、個人的には妖怪話が沢山聞けて大満足でした。



朗読の内容は、
・『遺老説伝』より宮古島のメリマツノカワラ、西原の稲福オバァの話。
・『山原の土俗』(島袋源七)よりユーリー・ヤナムン・マジムン・シチの話。歌う髑髏の話。魔に魅入られた者の話(棺のマジムン、アカマター)。
などです。
『遺老説伝』については知らない話も多いので、解説も含めてとても勉強になりました。
稲福オバァは竜宮から帰ってきたから体中に貝がくっ付いていたとか、王様に謁見を求められて瞬間移動で逃げ出したとか…格好良すぎです。素晴らしい。メリマツノカワラについては、原田実『もののけの正体』という本で知っていました。宮古島の女神が人間と夫婦になり、その娘に子供が出来ます。しかし産まれた子は、角が生え、輪のような丸い目に鳥のような細い手足という奇妙な姿をしていました。目利真角嘉和良(メリマツノカワラ)と名付けられた子供は母らとともに天に昇り、人々に崇められたというお話。確かにその姿は…神というより妖怪という感じですね。

●イメージ絵●
メリマツノカワラ

ちなみに『遺老説伝』は『琉球民話集』という本に収録されています。古本屋で見かけることもありますが、若干高いので、二の足踏みまくりです。図書館で我慢すべきか…、復刻されないかなぁ。
『山原の土俗』は私も持っていますが、朗読で聞くとやはり印象が違いますね。こんなに怖い雰囲気の話だっただろうか。美男に化けたアカマター(まだら蛇)と少女が恋をするという話は、身ごもった女性がまじないによって蛇の子供を流すというパターンの方がよく耳にする気がします。その話は三月に行われる『浜下り』という行事の由来譚ともなっています。宮古島の漲水御嶽に伝わる伝説では、蛇の正体は恋角という神の化身であり、生まれた子供が宮古島の守護神になるというハッピーエンドです。しかし『山原の土俗』に載っている話では、女性が蛇に惑わされて行方不明となり、蛇の傍で眠っているところを発見されるもすぐ死んでしまうという流れです。蛇の正体も分からないまま女性が死んで終わり、というのは非常に怪談らしいパターンではないでしょうか。



現代怪談も良いですが、こういう古典怪談も味があって良いよね!という主張。
『琉球怪談コテン古典』、とても面白かったです。




●おまけ●

『ユーリー』は沖縄でいう「幽霊」のことです。『山原の土俗』では妖怪の一種のような扱いになっています。
ユーリー
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/66-2a91e824