黒いサンタクロース

メリークリスマス!メリークリスマス!メリークリスマス!!ドアを開けろ!!

ブラックサンタ

『クネヒト・ループレヒト』 (あるいはブラックサンタクロース)

・ドイツの伝統的な風習における、聖ニコラウスの同伴者(従者あるいは助手)。聖ニコラウスの日(12月6日)に聖ニコラウスとともに現れ、悪い子供を懲らしめる。
・伝統的なクネヒト・ループレヒトの姿は、長い髭をもち、毛皮を着ているか藁で身を覆ったものである。長い棒や灰の袋を持って現れることもあり、服には鈴がついている。時には、白馬にまたがった姿で考えられることもある。
・良い子には、聖ニコラウス(サンタのモデルと言われる)が甘いお菓子を上げるのに対し、いたずらばかりする悪い子にはクネヒト・ループレヒトがうれしくないプレゼント(石炭の塊や棒や石など)を置いていく。そのほか悪い子を灰袋で叩く、親が子供を鞭打つための小枝を置いていく、とも。



私も詳しくは知らないので、ウィキペディアからの参照です。

ちなみにトリビアの泉で知った口です…黒いサンタクロース。ルプレヒトはドイツ名。
動物の臓物をベッドにぶちまけるとか、悪い子を袋に入れて連れ去ってしまうとも聞きました。いやだな、臓物。
悪い子を懲らしめるということで、軍服風デザインに。

…クリスマスをお祝いするつもりは、あんまり無いです。


≪追記≫
聖ニコラウスの同伴者は他にもいるらしいです。中でもドイツ・ハンガリー・オーストリア辺りに伝わる『クランプス』が超怖い…!悪い子を鞭打ち、籠に入れてさらってしまうというクランプス。ヤギのような角に獣の体。そして顔が怖すぎる。何だこれ。どうみても悪魔というか、モンスターというか、……クリーチャー、的な…。画像検索すると大変な事になります。クネヒト・ルプレヒトとは全く別物なんだろうか。よく分かりません。
今でもミュンヘンなどではクリスマス前にパレードが行われているそうで、このクランプスに仮装した人々が町を練り歩き子供たちを脅します。西洋版なまはげとか言われちゃってる。しかもメイクや仮装のクオリティが高すぎる…。これは怖い。どんなワガママな子も、超良い子になると思います。

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/57-5947bec4