目ひとつの神(1)

目ひとつの神

〈上田秋成『春雨物語』より「目ひとつの神」〉

歌人を目指して田舎から出てきた若者が、都を目指す途中で神との宴会に巻き込まれてしまう。目ひとつの神は若者に酒を勧め、歌人の道について諭すのだった。





『雨月物語』で有名な、上田秋成の短編小説集『春雨物語』。
「目ひとつの神」はその中の一編である。


○○○

とある東国の若者が、歌の道を学ぶため都を目指して旅に出た。しかし途中で宿を取りそこない、老曽の森という所で野宿を決める。松の根を枕にして寝ていると、森の中に奇妙な一行がやってきた。古事記に出てくる猿田彦のような風貌の神主、金剛杖を持った修験者、狐の顔を扇で隠した女官、それに従う狐の童女、布袋のような丸顔の法師、酒瓶を棒で担ぐ猿と兎。百鬼夜行もさながらである。一行は荒れ果てた社の前で整列し、神主が大声で祝詞を唱える。

戸が荒々しく開け放されて出てきたのは、面妖な姿の神だった。

顔に乱れ掛かった髪。ひとつしかない輝く眼。口は耳の付け根まで裂け、鼻はあるかないかも分からない。白い衣は鈍色に汚れているが、藤色の無紋の袴はまだ新しそうである。羽扇を右手に持ち、笑っているのも恐ろしい。


今宵の宴の中心、目ひとつの神である。


かくして神と摩訶不思議な面々による宴は始まる。
神に急かされ、猿と兎が慌てて酒を運ぶ。童女は酒を注ぎ、女官は舞う。肴をつまみ、「うまいうまい」といかにもご機嫌の神は、あげくに「そこで寝たふりをしている若者を呼べ」といって酒の相手を要求する。神の宴会というにはあまりに陽気な酒盛りである。


しかし若者を前にして語るのは、歌の道を志す者への真摯な助言であった。

「お前は都に出て歌を学ぼうというが、それはもう遅すぎる。この乱世にあっては師匠に出来るほどの人間などいない。身分の高い者も、貧しさの余りに有りもしない秘伝を教えるといって生計を立てている。
全ての芸技に秘伝など無い。始めに師を仰ぐのは手段に過ぎず、結局は自分で学ぶしかないのだ。お前のいた東国の者では中々頼りにならぬかもしれないが、国に帰って隠れた良い師を探し見習うのだ。そしてよく考え、おのれの芸とせよ」




若者はその言葉を受けて自らの生き方を考え直し、故郷へと帰って行った。





以上、「目ひとつの神」の簡易な現代語訳でした。というかダイジェスト。削りまくりですので注意。
『雨月物語』に比べて『春雨物語』はあんまりメジャーでない…という感じがするのは、やっぱり怖さに欠けるからでしょうか。幻想的な作品の少ない『春雨物語』の中で「目ひとつの神」は神や妖怪を中心に据えた、やや異色の作となっています。異類の者たちによる宴会の様子がとても楽しそう。神様、やたらと酒を勧めてきますし。

ちなみに目ひとつの神様は、一目連という暴風の神です。最後に神様は羽扇を一閃し、若者が空へと巻き上げられたところを修験者が捕まえて故郷まで送り届けてくれるのです。まさに至れり尽くせりの宴会なのでした。


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/48-c2a512b8