中秋の名月

兎の月

兎、兎 何見て跳ねる
十五夜お月さま 見て跳ねる




明日は旧暦の八月十五日、つまり十五夜ですね。十五夜は中秋の名月、あるいは里芋を供える場合もあることから芋名月とも呼ばれています。


よく日本では月に兎が住むといわれていますが、兎と月の組み合わせはインドや中国から伝わったものです。インドの伝説によると、捧げものとして自らの体を火中に投じた兎を帝釈天が月に置いてやったといわれてます。中国では金鳥玉兎といい、太陽には三本足の鳥、月には薬を作る兎や蟾蜍(ヒキガエル)がいるとされています。日本では兎の方だけが広まったようで、薬を作る代わりに餅をつくことになっています。これについては「望月(もちづき)」が「餅つき」の音と似ている為にこのイメージが付いたのだろうといわれています。
インドや中国では他にも「月には宮殿があり月姫が住んでいる」「桂の大木を切る桂男がいる」といった伝承が存在します。日本に伝わった「桂男」の伝承によれば、長いこと月を見ているとこの桂男が手招きして寿命を縮めてしまうともいわれ、長い時間月に見入るのはタブーとされていました。和歌山県での言い伝えの場合、満月でないときに長く見つめると桂男に誘われるといいます。

また、月の表面の陰影が何に見えるかというのも国によって様々です。
日本では餅をつく兎ですが、南ヨーロッパでは蟹、アラビアでは吠えるライオン、ドイツでは木を担ぐ人となっています。世界的に多いのは「水桶を持った者」で、それに関する民話も数多く伝わっています。日本でも、例えばアイヌの民話では水汲みを怠けた罰として、月に連れて行かれ水汲みをさせられている少年がいるといわれています。沖縄県宮古島では、アカリヤザガマという者が間違えて人間に死に水をかけてしまった罰として月で水桶を担いでいるそうです。


○○○


ところで奄美・沖縄地方には各地で「首のない影」といわれる十五夜にまつわる民話が存在します。

その他の月夜とされる場合もありますが、多くは十五夜の晩の話です。


十五夜の月夜、自分の影に首がないことに気付いた男は急いで巫者に占ってもらいます。すると首のない影は死相を表しているといい、「自分の一番大切なものを殺せば助かる」と告げられます。仕方なく男は家畜を殺そうとしますが失敗、しかしその際に妻が間男といるのを発見し手打ちにしました。実は、妻と間男は共謀して夫を殺すつもりだったのです。


喜界島の昔話でも、頭部のない影をみた男が「愛する者に弓を張れ」と教えられやむなく妻を射ます。すると矢は妻を射ぬくと共に、夫を殺そうと隠れていた間男を貫いたといいます。このような月の影による物知らせ説話はこれらの地域に広く分布しているそうです。
沖縄では十五夜に「フチャギ」という白い餅に小豆をまぶした甘くない餅を供える風習があります。一般的に白い餅は月、小豆は星を表し、紅白や五穀豊穣を意味すると言われていますが、「首のない影」説話に基づいて小豆が赤い血を表しているという説も存在します。


せっかくの十五夜なので、ロマンチックな月兎の話の後でも…とも思ったのですが、ついつい血なまぐさい怪談を紹介してしまいました。誠に申し訳ございません。これも怪談好きの性でございます。




明日はぜひ、美しい月夜をお楽しみください。






(主な参考文献:村上健司『妖怪事典』、竹原春泉『絵本百物語』、『日本・中国の文様事典』、『日本の民話事典』、『よくわかる御願ハンドブック』)
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/31-fee58953