怪人アンサー

久々の都市伝説紹介です。
怪人アンサー

『怪人アンサー』

日本の都市伝説。
10台の携帯電話を使った儀式によって呼び出される怪人。
こちらのどんな質問にも答えてくれるが、
最終的ににアンサーからも質問され
答えられなかった場合、身体の一部を取られてしまう。



怪人アンサーを呼び出すには、まず10人が並んで輪を作る。
それぞれが携帯電話を持ち、
一人目が二人目に、二人目が三人目にという具合に、隣の者へ電話をかけていく。
すると普通の場合、携帯電話は全て通話中になって繋がらないはずなのだが、
誰か一人の携帯電話だけ、怪人アンサーと電話が繋がるという。
怪人アンサーに質問すれば、どんな内容でも必ず答えてくれる。
しかし質問を繰り返していくと、今度は逆にアンサーから質問されてしまう。
アンサーからの問いは難しく(大抵は返答不能)
それに答えられないと身体の一部を奪い取られる。


…というのが、怪人アンサーにまつわる儀式の概要です。

怪人アンサーはネット上で広まり、テレビ番組でも紹介されているのですが
後々この話は個人の創作であったと明かされているそうで…!
私も昔、アンサーに関するテレビ番組を観たことがあり、(2002年以降の都市伝説らしいです)
番組内のドラマでは、携帯電話から大きな手がにゅーっと出てきて襲いかかる!
というシーンがあったのを覚えています。

ちなみに宇佐和通著 『THE都市伝説』だと、「アンサーさん」という名前で紹介され
「雰囲気がだれてきたり、つまらない質問をしてしまうと答えなくなり、逆に質問してくる」
「10人のうち、誰かの携帯から腕が出てきて、耳をちぎられてしまう」
などとも書かれています。



人体の一部を集める過激な都市伝説ですが
イラストではサイバーかつメルヘンな感じに。
話によると、怪人アンサーは頭だけで生まれた存在で、
人から身体の一部を奪うことで完全な人間になろうとしているのだといい
それなら奪ったパーツに付いてきた服を着てるのでは?と思い
バラバラちぐはぐなファッションにしてみました!

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/235-4e2b8c7c