ガチャ『PUTITTO鳥獣戯画』

先日、鳥獣戯画のガチャを手に入れて喜んでいましたが、
今度は別のメーカーから
コップのふちにかけられるタイプの鳥獣戯画ガチャが発売…!
奇譚クラブの『PUTITTO鳥獣戯画』です。

近所で発見したので、早速二回まわしてみました。

PUTITTO鳥獣戯画1

カエル二匹ゲットです!
(コップがミニチュアなので、サイズ感がおかしいです)



座りカエルと
PUTITTO鳥獣戯画2


相撲カエルの二種。
PUTITTO鳥獣戯画3


後ろから見た相撲カエル。絵巻そっくりの再現度。
PUTITTO鳥獣戯画4

鳥獣戯画ではカエルが一番嬉しい!
でも今回は猫も欲しかったです。
前の『鳥獣机画』よりも顔がかわいかったので。

コップなどのふちに引っかけるタイプのフィギュアなので
飾る場所に悩みますねぇ。
前のと一緒に置いておけない…。




前のと比べてみると
PUTITTO鳥獣戯画5

PUTITTO鳥獣戯画6

サイズもほとんど同じくらい。


ただし色合いや線のタッチが違っていて
新しく入手した方は、より原画の絵巻に近い水墨画のようなタッチ。
模様やシワも黒い線で書かれています。

前回手に入れた方だと
墨で模様を描くのではなく、線を細かく彫り、そこに色を付けているようです。
風合い重視で、象牙の根付のようなナチュラルな色をしています。


元の水墨画の再現度が高いのは新しい方、
骨董系の、ちょっと古めかしい雰囲気があるのは前の方でしょうか。
どっちも可愛いので甲乙つけがたい…!


前のと合わせて大集合。
PUTITTO鳥獣戯画7
こうして見ると蛙が多いですね。
猫が出るまで回すべき…!?
関連記事
[ 2016/06/12 19:41 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/223-835c5638