大根の精

大根

『徒然草』/第六十八段より

筑紫の国に押領使のような職の者がいた。大根は何にでも効く素晴らしい薬だといって、毎朝二本ずつ食べるのを長く続けていた。
ある日、館に誰もいない隙をついて敵に囲まれ攻められそうになった。そこへ見知らぬ兵が二人現れ、命を惜しまず戦い皆追い返してしまった。不思議に思い「あなた方は日頃ここに住んでるとは思えない。このように戦ってくださるとは、いかなる人なのか」と尋ねると、「私達は、長い間あなたが信じ、毎朝食べてくださっている大根です」と言って去った。深く信心すれば、このような徳も得られたりするのだろう。



食べた物に恩返しされるって不思議ですよね。
これは怪談に入れていいものか…。

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/19-9b8f762c