イナブラさん

イナブラさん

『イナブラさん』

静岡県熱海市下多賀に伝わる妖怪。
晩秋から初冬に掛けて吹く、冷たい雨混じりの風を「ナライシブタ」という。この風が吹くころ、晩方頃にに神社下の御浜附近を通ると、沖からイナブラさんが人を攫いに来るという。イナブラさんはイナブラ(稲叢、いなむら)のような姿をしており、人に覆い被さってくる。イナブラさんに覆いかぶさられた人は、死骸も残らないといわれている。逃げようとすると急いで追いかけられ、こちらが立ち止まると向こうも立ち止まる。

あるお婆さんは、子供の頃、イナブラさんに追いかけられた。浜の家に飛び込んだために助かったが、二、三人が隠されてしまったそうである。



(参考:小松和彦『日本怪異妖怪大事典』、怪異・妖怪伝承データベース 『イナブラさん』



見た目は地味だけど超凶悪なイナブラさん。
こういう容赦ないのが大好きです。 「死骸も残さぬ」


先月静岡に行ってきたので、静岡の妖怪を描いてみました。
残念ながら、イナブラさん伝説のある熱海市下多賀には寄っていません。イナブラさんはキャラクターグッズ化されているらしく、欲しかったのですが…。

その代わり伊豆地方を色々とうろついてきました。近々旅日記でも載せたいと思います。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/189-a00fcf17