バニーマン

バニーマン

『バニーマン(Bunny Man)』

アメリカ・バージニア州のフェアファックス郡クリフトン周辺に伝わる都市伝説。
白いウサギの着ぐるみに身を包んだ殺人鬼で、毎年ハロウィンになると斧を持って出没するという。



バニーマンの伝説は、1970年代からメリーランド州とワシントン州コロンビア特別区(ワシントンD.C.)を中心に広まったと言われています。伝説には色々なバリエーションがありますが、その多くはノーフォーク・サザン鉄道のフェアファックス・ステーション・ブリッジ、通称「バニーマン・ブリッジ」を舞台としています。



バニーマン・ブリッジには、伝説の起源としてこのような話が伝わっています。
(※注意、残酷描写あり)

1904年にクリフトンのとある刑務所が閉鎖され、収容者達は同じバーニジア州のロートン刑務所へ移される事になった。
しかし護送中に交通事故が発生、何人かの収容者はどさくさに紛れて脱走してしまった。
4ヶ月が経過して逃げた収容者のほとんどは捜索隊によって捕らえられたが、マルコス・ウォルスターとダグラス・J・グリフォンの2人だけは行方不明のままだった。
彼らがいなくなってから、この地域周辺では木にぶらさがるウサギの死骸が度々発見される様になった。ウサギは皮をきれいに剥がされ、半分食べられていた。その後、逃亡中だったマルコス・ウォルスターが、ノーフォーク・サザン鉄道のフェアファックス・ステーション・ブリッジの陸橋下を走るコルチェスター道路のトンネル内で殺害されているのが見つかった。死体の手には、鋭利な石の刃物と頑丈な枝で作られた斧が握らされていた。
もう1人の逃亡者であるダグラス・J・グリフォンが容疑者とされ、その後もウサギの死骸が発見された事からバニー・マンと呼ばれるようになった。
翌年になってもグリフォンは見つからず捜索は打ち切られたが、ウサギの死骸の発見例は続いた。
そしてその年のハロウィンの翌日、フェアファックス・ステーション・ブリッジで三人の子供の死体が発見された。彼らは喉をかき切り内臓をえぐられて、トンネルの上部からぶら下げられていたという。


その後、ハロウィンになるとバニーマンに襲われるといわれるようになり、フェアファックス・ステーション・ブリッジで「バニーマン」と三回唱えるとバニーマンが現れるという噂まで生まれました。
しかしこの事件が実在の話であるかは疑問視されており、例えば収容予定だったロートン刑務所が1910年に建てられたものであること、裁判所の記録にマルコス・ウォルスターとダグラス・J・グリフィンが載っていないことなどが理由としてあげられています。


○○○

ちなみにバニーマン伝説を元にした映画もあります。
2011年のアメリカ映画『バニーマン/鮮血のチェーンソー』。斧ではなく、こちらはチェーンソー装備です。同じくアメリカ映画『ドニー・ダーコ』に登場する銀色のドクロウサギ男は、バニーマン伝説をヒントに作られたとも言われているそうです。

そういえば、ゲーム・映画『サイレントヒル』に登場するロビー君もウサギの着ぐるみですね。
バニーマン…関係あるかどうかは謎ですが。



《主な参考文献・サイト》
並木伸一郎『最強の都市伝説2』
BunnyMan(海外Wikipedia、英語サイト)
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/170-fe52d900