沖縄の宝刀

那覇市歴史博物館にて、琉球国王・尚家伝来の宝刀が公開されています。

刀剣『千代金丸』『治金丸』『北谷菜切』の三点です。これらは年一度しか公開されず、しかも三点同時に展示されるのは珍しいです。
刀剣の公開日は4月4日(金)~5月7日(水)。(『ロイヤルカラーの黄色地衣裳』も同時公開)
今なら国宝の玉冠も特別展示されています。こちらは4月25日(金)~5月7日(水)まで。


公式サイトのデジタルミュージアムからも、収蔵品を閲覧することが出来ます。
『那覇市歴史博物館』デジタルミュージアム (「美術工芸・民俗資料」→「国宝・琉球国王尚家関係資料」)



同時公開ということで、今回は尚家所蔵の宝剣を三点全て見ることができました。
北谷菜切』は以前見に行った際に紹介していますが、『治金丸』と『千代金丸』は初めて見ました。


・『北谷菜切(ちゃたんなきり)』
振りかざすだけで何でも切ってしまう、という危険な伝説を持つ刀です。ドラマ『FE(ファーイースト)序章』にも登場しました。あのドラマ…続きやらないんでしょうか。


・『治金丸(じがねまる)』
宮古島の豪族・仲宗根豊見親が、尚真王へ献上した刀とされています。
なぜかこの刀にも、北谷菜切と同じ流れの妖刀伝説が伝わっています。


・『千代金丸(ちよがねまる)』
琉球北山国の王・攀安知(はんあんち)が持っていたとされる刀剣です。

北山城は難攻不落の城であり、城主の攀安知も武勇に優れた男だった。しかし1416年に中山国・尚巴志の軍勢による攻撃を受け、さらには腹心の部下である本部平原に裏切られる。攀安知は本部平原を斬り殺したが、敗北を悟ると城を守護していた霊石に向かい「私は死ぬが、貴様ひとりで生かしてはおけぬ」と叱りとばした。そして宝剣千代金丸を振り下ろし、石を四つに叩き割るとそのまま自刃した。あるいは自刃しようとするも、何故か千代金丸が鈍刀となって彼を死なせず、それを投げ捨て別の刀で自刃したとも言われている。千代金丸は城下の川に投ぜられたが、のちに川から拾った者が王家に献上したのだという。



後世の歴史書には、「武芸絶倫」で「淫虐無道」などと書かれてしまう攀安知…好きです。

はんあんち

本物の千代金丸を前にしてテンションあがりました。
片手打ちの刀、格好良いなああぁ。


折角の同時公開ですので、お近くの方は是非とも本物をご覧になってはいかがでしょうか。
関連記事
[ 2014/04/30 22:12 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/165-cdf21bd3