牡馬の祟り

沖縄県の具志川に伝わる伝説です。

「牡馬の祟り」 (『球陽外巻‐遺老説伝』第32話)

牡馬のたたり

昔、具志川の宇堅村に多真利(たまり)という人がおり、一匹の牡馬を飼っていた。多真利はこの馬を太らせて正月に食べようと思っていた。
十二月二十八日になると、多真利は斧を持ち、馬を殺すために野原へと連れて行った。連れて行く途中、馬は何度も悲しい声で鳴いた。野原に着き、多真利は馬に向かって斧を振り上げた。馬は四方へ向かって声高くいなないた。跪くように前足を曲げ、東を向き、また三度いなないた。深く首を垂れ、そして前足で目を覆った。しかし遂には斧で打ち殺された。
その後なぜか、多真利の家族は皆病気にかかって亡くなり、彼の一族は絶えてしまった。
さらには宇堅村の人が牡馬を飼ってもすぐに死んでしまい、それ以来牡馬は飼わなくなったという。


(参考:琉球資料研究会発行『琉球民話集』、月間沖縄社『沖縄の怪談』)



馬を屠殺したら祟られる…なかなか厳しい話ですよね。
跪いて目を隠すような馬は、正直怖い。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/161-bca8d06b