『清水寺展』感想

沖縄県立博物館・美術館で開催されている、「京都 清水寺展」を見に行ってきましたー。

清水寺展


修学旅行で定番の清水寺ですが、私は行ったことがありません。中学は九州旅行だったし、高校は自由参加だったので行きませんでした。(行く人と行かない人、クラスでも半々ぐらいの割合だったかと)
でも京都にはすごく行きたい。神社仏閣巡りとかしてみたい。そんな気持ちをささやかながらも満たしに行ってきました。


とはいえあんまり仏像には詳しくないのですが…、知識が無くても十分に分かりやすい展示内容でした。
また、配布されていた展示リストの他に「仏像鑑賞のてびき」という解説も付いていました。仏像の種類や特徴が説明されています。仏の持つ「三十二相」という身体的特徴の一覧や、千手観音菩薩が手に持っている物のリストなどまで書かれていて面白いです。

展示内容も見応えのあるものでした。
沖縄で仏教美術展は珍しく、興味深く鑑賞しました。「清水型千手観音」とも呼ばれる「本堂十一面千手観世音菩薩立像」は、さすがの迫力です。おなじみの風神雷神像もありました。二十八部衆の像も展示されており、鳥の羽とクチバシを持つ「迦楼羅王立像(かるらおうりゅうぞう)」や五つの瞳を持ち琵琶を弾く「摩睺羅伽王立像(まごらかおうりゅうぞう)」などの変わり所についつい注目してしまいます。

最後の辺りには、像を撫でてお祈りする「ふれ愛地蔵」や首を動かすことの出来る「首ふり地蔵」もありました。
そして「おもかるさん(重軽石)」という占いも。座布団の上に丸い石が置かれていて、軽く持ち上がれば願いが叶うそうです。もちろん試してみたのです、が…重い。超重い。私が非力すぎるのでしょうか、いや、私の前のお客さんも重い重いって騒いでたし…!一瞬浮かすので精一杯です。せめて台座をもう少し低くしてくれれば持ち上げやすいのだけど…それじゃあ占いの意味が無いか…。



物販コーナーでお守りや絵ハガキを購入。風神雷神像がとても格好良かったので。

清水寺展2

清水寺展3

清水寺展は12月8日までです。
関連記事
[ 2013/11/17 14:35 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/138-ef495dac