2013イチハナリアートプロジェクト(2)

『イチハナリアートプロジェクト』
感想の続きです。

おまけとして、気になったものをいくつかピックアックしてみました。





メイン会場である旧伊計小中学校跡。
廃校舎を利用しているので、要らなくなった学校備品もアートになっています。

模型

メトロノームと人体の一部(模型)がアートに…!あと、あれですね。生物の授業で習う「発生」の仕組みを表した模型ですね。苦手だったなー…「発生」。高校で習ったと思ってたけど、小中学校でも勉強してたのか。






屋上も開放されています。

屋上へ

確かに魅惑です。

そして、屋上からの眺めは本当に絶景でした。校庭の向こう、島の中が遠く見渡せて。さらにその奥は大きく海が広がっていました。とても写真には撮りきれない。一応撮ってはみたのですが、到底比べ物にならない出来だったので掲載はしません。
とても綺麗でした…伊計島いいなあ…。



↓屋上の様子。…何か、いました。
魚人

…魚人、いや半魚人か?
彼(?)の視線の先には大海原が広がっています。

魚人2
「あの海が…へへっ、俺の故郷なのさ…」






長谷川翠さんの作品。
神秘的な世界が、緻密な筆遣いによって描き込まれています。

eien1

幽霊や幻獣など、不思議な生き物が色々。
ところで、よく見ると。

eien

アマビエ…?それに「うわん」じゃないですか…っ!他にも気になる生物がちらほら。
つい妖怪系に目がいくのは、今に始まったことではありません。しかし、俄然テンションが上がるというものです。





また屋内だけでなく、集落の屋外展示も面白いです。
『キジムナーハウス』

ハウス

古民家たまらんです。
廃墟や空き地を利用した作品もありました。自分の住んでいる地域が、突然アート作品に変身するのってどういう気分なんでしょうか。羨ましいです。



○○○



以上、イチハナリアートプロジェクト感想でした。
とても楽しかったです。伊計島、また行きたいなあ…!

関連記事
[ 2013/08/25 15:29 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/120-94ad4677