月にいた男〈マザーグース〉

The man in the moon
Came down too soon,
And asked his way to Norwich;
He went by the south,
And burnt his mouth
With supping cold plum porridge.

月にいた男
さっさと降りてきて
ノリッジへの道を訊いた
南を通って
口を火傷してしまった
冷めたプラム・ポリッジすすって



《語句》
Norwich=ノリッジ。イギリス、ノーフォークの州都。
by the south=南を経由して、通って
plum porridge=干しブドウ入りのポリッジ。
sup(ping)=すする、少しずつ食べる


日本の場合月に住んでるのは兎ですが、イギリスでは月の模様を男性と考えます。「The man in the moon」というと、その「月の男」がイメージされるそうです。

ポリッジは西洋風のお粥のこと。オートミールなどを牛乳や水で煮たものです。日本語だとそのまま『おかゆ』と訳されていることもあります。
また、古いバージョンだと「冷たいポリッジ」が「熱いポリッジ」になっています。時代が下るに従って、よりユーモラスな内容に変化したようです。冷たい牛乳をかけたり浸したりして食べることもあるらしいので、あながちどちらの歌詞でも間違ってはいないのかも。ちなみに“pease porridge”(えんどう豆のポリッジ)の場合もあります。

未知との遭遇
親日家宇宙人(グレイタイプ)。
関連記事
[ 2013/07/14 00:20 ] マザーグース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snarkmori.blog.fc2.com/tb.php/108-4d12620a