コダマネズミと十二様

コダマネズミ』の解説、続き。

※長くて文字ばっかりです。

コダマネズミ

『コダマネズミ(木霊鼠、小玉鼠)』

秋田県を中心として、マタギ(猟師)の間に伝わる妖怪。
丸く膨らんだネズミのような姿をしており、体を破裂させて鉄砲のような音を出す。これが出る時は山の神の機嫌が悪く、その姿を見たり破裂音を聞くと、不猟や雪崩などの悪いことが起こる。そのため音を聞いた猟師はすぐに下山するという。
その昔コダマ流という一派のマタギが、山の神の罰としてネズミの姿にされたという伝説がある。



↓以下、ゆる~い漫画。縦に長いので折りたたんでいます。

ミサオくんの適当な除霊③

『ミサオくんの適当な除霊』、続きです。
(前のページ→

[ 2015/06/06 18:21 ] その他・漫画 | TB(0) | CM(2)

ミサオくんの適当な除霊②

『ミサオくんの適当な除霊』、続きです。
(前のページ→、次のページ→

[ 2015/06/03 18:23 ] その他・漫画 | TB(0) | CM(0)