八百屋お七

※イラストを一部修正、差し替え済みです。

「世のあはれ 春吹く風に名を残し 遅れ桜の 今日散りし身は」
八百屋お七

『八百屋お七(やおやおしち)』

江戸本郷にあった八百屋の娘。1682年天和の大火の折、避難先の寺の小姓と恋に落ちる。家へ帰った後、火事になれば彼に再び会えると思い、放火。捕らえられ火刑になったという。
井原西鶴『好色五人女』で描かれた他、歌舞伎や浄瑠璃の題材としても有名である。