続・仲西ヘーイ

「仲西ヘーイ」と、呼んでごらん。

仲西さんと

以前にも紹介しました仲西、再び。
その後も関係資料をちらほら見つけたので、補足しつつ再度説明いたします。



『ナカニシ(仲西)』
沖縄の妖怪。仲西とは人の姓である。晩方、那覇と泊の間にある塩田潟原の潮渡橋付近で「仲西ヘーイ」と呼ぶと出てくるという。 
 (金城朝永『琉球妖怪変化種目』より)



○○○

『琉球妖怪変化種目』で紹介されている仲西の詳細はこれだけですが、「仲西ヘーイ」という呼び声は沖縄の民話にも登場します。

モーイという人物が那覇で遊んだ帰り、真夜中の墓で夫の骨を洗骨する女と出会った。(沖縄では昔、土葬・風葬したあとから骨を洗って墓に納めるという慣習があった。)モーイは洗骨を手伝い、法事のために金も与えた。
するとそれ以後、モーイが夜道を歩くと提灯の明かりが現れて前方を照らすようになった。人の姿は見えないが声をかけると返事をし、洗骨のお礼だと言った。モーイは納得したが、しかしそういつもは必要ないと返す。それなら用事のあるときは、「なかにしヘーイ」と三度繰り返して声を掛ければいつでも現れると約束した。
ある日、モーイは火急の連絡で山原へ行かねばならなくなった。モーイが「なかにしヘーイ」と呼びかけると、ちょうど牛のようにして出てきて、「さあお乗り下さい」とモーイを乗せて山原へ向かった。モーイは驚くべき速さで山原へ辿り着き、連絡を届ける事ができたという。

(伊芸弘子『沖縄首里の昔話―小橋川共寛翁のチティバナシ』、崎原恒新『琉球の死後の世界』)



これは那覇市・首里に伝わる民話です。モーイはこの話だけに登場する人物ではなく、「モーイ親方」という呼び名で沖縄の昔話によく登場する定番キャラクターです。とりわけとんち話などで活躍するモーイ親方、彼が幽霊に恩返しされるというパターンの民話は沖縄の各地に存在します。首里の昔話の場合、モーイは「なかにし」という幽霊らしき者に恩返しされます。他の地域の民話だと、恩返しする者の名は単純に「幽霊」と表記されることが多く、中には「仲村渠(なかんだかり)のおじいさんヘーイ」というような呼び方になっている話もあります。
その事を考えると、首里の民話に登場する「なかにし」は潮渡橋の「仲西」とはあまり関係がない、あるいはたまたま結び付けられた話なのかもしれません。


○○○


民話とは別にもう一つ、比嘉春朝「沖縄本島の神隠し」という論文にも仲西の名前が出てきます。

比嘉春朝いわく、神隠しのように人が突然行方不明になる事を、沖縄ではムヌマイー(物迷い)またはムニムタリーン(ものにさらわれる)といいます。これはたいてい夕方から夜中頃、村外れのような淋しい場所で起こります。人をさらう「もの」とは一種の魂であり、「もの」は人をさらってあちこち連れ回し、しまいにはどこにでも放ってしまうそうです。「もの」にさらわれた人は普通の人が歩けないような所、木の梢や水面、断崖絶壁のような場所も平気で歩くといいます。

その他ムヌマイーについて、
・さらわれている最中に屁を放つと「もの」が手を離してしまうので、水面を歩いていたりすると溺れて死んでしまう。
・「もの」につかまった人間は小豆飯といって赤土を食べさせられる。
などという事が説明されています。


↓以下、本文より「仲西」に関する部分を抜粋。

『那覇と泊との間の潟原という塩田の間に「潮渡」という橋がある。夜分その橋の近くで「仲西へい」(仲西やーい)と呼べば、すぐに「もの」にさらわれる。ムヌマイーがあると、その部落中の青年たちが手分けして捜索する。物として村里近き洞窟、森の中等を捜す。彼等は棒を携え銅鑼を叩き、「どこそこの誰々やーい、小豆飯を食わぬか(アカマーミーメークエーヨー)」と大きな声で呼んで捜し回る。たいていは洞窟の中に奥を向いて座っている(横になっているのはあまりない)。たまには池の底、井の中などに坐っているのもある。二、三日中に発見し得なければたいてい餓死するが、七日位まで生きていた例もある。発見したら、最初に左足で三度臀部を強く蹴る。これで「もの」は彼から去るのである。それから家に連れて帰る。しかしたいていは腑抜けになって、一、二ヶ月は物もいわない。ムヌマイーした人は自分でもムヌマイーしている事をはっきり意識しているが、何物かに引き摺られるように水の上、木の梢、暗渠のような処を通っていて、村の人たちが自分を捜して大きな声で自分を呼んでいるのもはっきりわかるが、ただ口は塞がれて一言も物が言えず、また自分の方からは村の人達がよく見えるのに、村の人達は自分を見ない事があるそうだ。』

 (比嘉春潮「沖縄本島の神隠し」『比嘉春朝全集』第三巻)



民話から一転、この論文での仲西は、人を神隠しする凶悪な存在として扱われています。誰かに見つけて貰うことが出来なければ、そのまま死んでしまうことさえ有り得るのです。




世話になった人物に恩返しをする幽霊、仲西。
恩も恨みも関係なく、名前を呼んだものをさらってしまう危険な妖怪、仲西。

どちらの面が正しいのか、あるいはどちらの面も正しいのか。資料が増えても、謎は深まるばかりです。

スレンダーマン漫画

スレンダーマンのゲーム動画を色々見てたら、漫画を描きたくなりました。
ゲーム面白そうです。海外物ですがフリーゲームもあるようです。


※以下、主に『Slender: The Eight Pages』を参考にしています。
暗い森の中でスレンダーマンから逃げつつ、スレンダーマンについての情報が描かれた八枚のメモを探すというゲームです。
スレマン1
ピンとくる顔。





スレマン2





スレマン3
余は如何にして都市伝説となりしか。



野営スレンダーマン





○○○

おまけにこの動画も貼っておきます。
スレンダーマンのショートアニメです。

『SYMPATHY FOR SLENDER MAN SONG | ANIMATION DOMINATION HIGH-DEF』


もう可愛いのなんのって…これを見たら、怖くなくなるかもしれません。
可愛い!可愛い!

スレンダーマン

スレンダーマン


『スレンダーマン(Slender Man)』
海外の都市伝説。非常に背の高い、痩せた姿の男性である。
黒いスーツを着ており、その背中からは触手のようなものが生えているという。



○○○


最近ハマってまして、スレンダーマン。関連動画なども色々見ました。海外ではかなり有名らしく、スレンダーマンを題材にしたゲームも多数あります。ゲーム動画も見ましたが、「スレンダーマン怖い!」というよりクリアが難しそうで戦慄。ゲーム苦手です…昔から下手で。
スレンダーマンを解説したサイトも多く、ネット上でも詳しい情報を得ることができます。知名度が高すぎて、もはやネタにされてるものも多いです。

しかしスレンダーマン、実はネット上で生み出された架空のキャラクターなのです。

サムシング・オーフル・フォーラムというサイトにおいて、エリック・クヌーゼン(またの名をビクター・サージ)という人物が創作し、多くの人々によって伝説が語られるようになりました。あたかも実在するかのような話が広まっていき、今では都市伝説としても扱われています。
語られるうちに彼の設定も色々追加され、「子供を狙う」「瞬間移動できる」「見ただけで死ぬ」「精神異常に襲われたり、鼻血が止まらなくなったりする『スレンダー病』にかかる」などといわれています。

スレンダー色々
ゲームだと、ワープで移動してきます。




※追記 → スレンダーマン漫画できました。

人魚は歩けない

人魚は歩けない あなたは知らない。

人魚は歩けない

谷山浩子/『人魚は歩けない』イメージイラスト。
リズムと歌詞が癖になります~。

[ 2013/09/15 15:55 ] その他・イラスト | TB(0) | CM(0)

タマガイの話

(『大宜味のむかしばなし』より、「タマガイの話」)

「インナトゥ曲がい(港)で、傘を差した女の人の後から、タマガイ(霊魂の火)が追ってくる。その人が後ろを振り向かずに左右の人差し指でさしたら、さっと消えてしまった。人差し指は魔除けになる。」

タマガイ
でも火の玉は、雨じゃあ消えないと思います。


短いけど好きな話です。これも沖縄県、喜如嘉地域に伝わるもの。
振り向かずに指差すの難しそう。もしかして、見てはいけないんだろうか。




ところで旧暦8月8日から11日までは「ヨーカビー」、今年は新暦の9月12日から19日です。ヨーカビーは厄日であり、悪霊や妖怪変化の多く出没する時期といわれます。「八日日」とも「妖怪日」とも表記され、沖縄では厄を払う行事が行われます。
昔はヨーカビーの行事として、夜に集落を見下ろせる丘などに登り、チグトュの音(棺おけを作る音や死を示す泣き声など)や火の玉のあがる屋敷がないかを確認したそうです。火の玉が見えた屋敷は死人が出る兆候であるため、ユタ(沖縄の民間霊能者)を呼んで厄払いして貰わなければなりません。


ヨーカビーの時期は、火の玉もよく現れるといわれています。
しかし火の玉の見えることが前提の行事ってすごいですね…。


○○○


『チグトュ(チグトゥ)』
沖縄県地方でいう怪異。死の予兆のこと。家の中で、鋸や鉋、板を置く音といった大工仕事の音が聞こえると、その家から死者が出るという。この音は棺桶をつくる音らしい。また、家族が談笑している声が外では泣いている声に聞こえるときも死者が出るという。 (村上健司『妖怪事典』)


チグトュぽい
なんか、傷付くわ。

ファチハンバーと首なし幽霊

沖縄県、喜如嘉地域に伝わる話です。

「現在の八〇才頃の人たちが、働きざかりの十七、十八才の頃、およそ大正の末期に当る。
喜如嘉のウフガーベークという川やキンジ山に杉の山(クブ道)があった。岩や石の上から、ファチハンバー(鉢をかぶった)といわれた得体の知れないおばけが出たり、首なし幽霊が出没していた。
男女が、クルチャ(砂糖ダルにつかうための木材)をとりに、とまりがけで山に入った。一晩も三晩も泊りがけで、クルチャをとって一里の山奥から、国頭村の浜まで運んでいた。夜ともなれば、必ずのようにこれらの幽霊があらわれ、川の水の音しか聞こえない淋しい山中で、よくそれを見かけた人がいた。
当時、この附近でいくさがあって、かなりの人たちが死亡し、未だその死骸が残っていたので、それをこわがってそこには近づかなかったという。」

(福地曠昭『大宜味のむかしばなし』より、「ファチハンバー幽霊」)




ファチハンバー。あるいはファチハンバ、ハチハンバーなどといわれます。
ピキンキルを調べているときにみつけたので、ついでに紹介。(本の出版は昭和55年)

ファチハンバーと首無し

「鉢かぶりと首なしの幽霊かー、面白いなあ」と思っていたらこんな絵に。
最初は鉢かつぎ姫と首なし騎士を連想したはずだったのですが…いつの間にか逆転しました。


○○○


ところでこの話だとファチハンバーは「幽霊」として紹介されていますが、調べてみると、どうやら沖縄の河童のような存在という説もあるらしいです。日本怪異妖怪事典によると「沖縄県において、人に危害を加えると伝えられる怪物。鉢をかぶったような姿だと考えられ、恐れられているが、その実態を伝える資料は少ない。その容姿から、河童との関係性も考えられる」と記されています。



その後たまたま読んだのですが、山城善光の『不思議な火をともす怪奇動物 ブナガヤ(きじむなあ)実在証言集』という本に、ファチハンバ伝説についての記述を見つけました。

『私の郷里喜如嘉に「海から空っぽで帰って来ても飯を呉れろ、しかし山から空っぽで帰ってきたら何も呉れるな」という言葉があって、どんなに疲れていても軽い夕方荷という山土産を担がされた。ところがある日どこかの小父さんが、文字通り手ぶらで血相をかえて奥山から逃げ帰ってきた。ファチハンバという奇怪な動物に出会ったからである。ファチハンバは人に危害を加えると言い伝えられていた。』

山城氏いわく、ファチハンバとは皿(ふぁち)冠り奴!と直訳でき、本土の河童のことである。沖縄にも河童が生存していたことを示しているといい、また「もう半世紀以上もファチハンバの目撃談を聞かないから、絶滅したものとみている」と締めくくっています。



沖縄にも河童がいるという話は面白いです。ちゃんと頭に皿もあります。
人に危害を加えるというのも気になりますが、川に引きずり込む訳ではなさそうですね。同地域にピキンキルもいますし。

ファチハンバーとは
いろいろすいません。