ピキンキル

ピキンキル

昔、喜如嘉の川のフンムイ(深淵)には、ピキンキルという水の精があらわれて、人の命を奪っていた。「ウンダ川」と「インナトチビ」、アミガーの「ウイヤチフンムイ」にそれがいるといわれ、ずい分深いところで、水浴中もこの場所は恐れられていた。
昔は、ここにおぼれ死んだ人が相当いてその壺が、自分がヤナッシニ(事故死)したので、極楽にいけないので、アトイザスン(同じ目に合わす)ために、川の底にひきこんでいったと、つたえられている。子供たちを危険な場所に近づけさせないための警告としての意味もあったにちがいない。


《福地曠昭『大宜味のむかし話』より、「ピキンキル(怪魚)の話」》



ピキンキル、あるいはピキンクルー。
沖縄県国頭地方に伝わる妖怪です。怪魚・水の精ともいわれ、その姿ははっきりしていません。

新里幸昭の『沖縄の妖怪』という論文によると、「ピキンクン」とは「引きずり込む」という意味があるそうです。地域によっては「ピキンキルル」「ピキンキガミ」「ピキガミ」などともいわれています。同じように水に引きずり込むタイプの妖怪に「ヒッパイン」「ヒッパヤー」「アシヒッパヤー」などもいて、こちらも名前の通り、足をひっぱるものらしいです。というか、名前そのまんまですね。
ピキンキルが紹介されている『大宜味のむかし話』の著者、福地曠昭さんも喜如嘉の出身です。喜如嘉のウンダ川にはピキンキルがいて、子供の足を引っ張るのだという話を大人から聞かされて育ったそうです。しかし幽霊がいるなどという話を聞くとわざわざ危険な場所に行く子供もおり、そういった子には米軍の立ち入り禁止看板(偽物)を立てておくと近寄らなかったそうで。(怪談専門誌『幽』vol.18より。)まあ、そりゃあ確かに近寄れないよな…。



折角水辺の妖怪なので、夏休みシーズンの間に紹介しておきたかったのですが。遅くなってしまいました。
ぎりぎり今日まで8月!……とても間に合ったとは言えませんね。分かってます。

「琉球怪談 百聞の十物語」part2

8月23日(金)に「『琉球怪談 百聞の十物語』part2 夜の朗読会」が行われました。


いわゆる『百物語』を百分の十、つまり全十話で行うという朗読会。去年に引き続き二回目の開催です。
語り手は、高柴三聞さん(怪談作家)・宮平守良さん(門カフェ主催)・東ゆうこさん(劇艶おとな団)・佐渡山安博さん(沖縄の紙しばいやー)・金澤友哉さん(「密教がわかる本」著者)・幸地尚子さん(劇団OZE)・新城和博さん(ボーダーインク編集長)・東風平朝成さん(FM沖縄)・小原猛さん(琉球怪談シリーズ著者)・諸見里杉子さん(フリーアナウンサー)でした。多分この順番だったかと。しかし何というバラエティに富んだキャストでしょうか…。一人一話なので十人です。



ということで感想を少し。


▼オープニングはマルチーズロックのリンダさんによる「耳切り坊主」のトランペット演奏から。あ、トランペット除霊は最後じゃないんですね…。そういや始まる前から奇妙な子供の歌声を流していました。あれは一体何の音楽なんだろう。
▼さどやんさんの紙芝居は初めて拝見しましたが、とても良いお声でした。紙芝居のセットや音楽も凝っていて、レトロな雰囲気が素敵です。あと紙芝居「仲西へい」が見れただけで、今日はもう…満足。
▼金澤友哉さんの話は、蒲田の某ホテルでの心霊体験でした。実際の殺人事件が関わっており、途中「スマホを持っている方は今、検索してみて下さい」と呼びかけていました。…うん、ガラケーだからね…なんか寂しい。一応検索はできるけど、多分同じニュースは見れなさそうです。メールと電話しか使わないからよく分からない。
▼FM沖縄の放送事故音源を聞かされてヒヤヒヤしました。ラジオ番組の生放送で、謎の音声が入ってしまったというもの。しかし台本が遠くて見えず、どこにおかしな音声が混ざっているのかよく分かりませんでした。ここで鳴ってるよ!と手で合図してくれたら良かったのですが…、残念です。あと語り手である東風平さんの、頑ななまでに心霊現象を認めない態度が素敵でした(笑)。
▼一番面白かったのはやっぱり小原さんの語りでして。今回は怖さよりも笑える感じでした。宇宙人にテビチをごちそうする話とか…もう何が何だか…!好きです!でも話が短い気がしたのは時間が押していたせいでしょうか。
▼諸見里杉子さんの朗読は「飴買い幽霊(子育て幽霊)」の京都版と沖縄版でした。この手の話は結構いろんな地域ににありますよね、細かいところは異なりますが。沖縄でも幽霊飴(沖縄の駄菓子、マチバグヮー)売らないかなあ。
▼一番怖かった場面は、幸地さんの大声と、ジュンク堂のシャッターが閉まる音(おそらく)でした。


全員分の感想を書こうかとも思いましたが、長くなりそうだったのでやめました。(来てない人にはよく分からない話になりそうですし。)どのお話も面白かったです。去年と同様、実話系が多めでした。



もう夏休みシーズンも終わります。怪談イベントもこれで締めくくりでしょうか。

来年の開催、また楽しみにしています。





途中で配られた整理券。

整理券

和紙に印刷されており、とても出来の良いものです。良すぎて、整理券なのに回収されずお土産となってしまった渾身の出来だそうです。嬉しいけども…!いいんですかジュンク堂のスタッフさん!人数確認ぐらいには役に立ったのだろうか。




ちなみにジュンク堂は22時に閉店し、照明も落とされます。途中からは暗い中での怪談会。最後辺りには時間が足りず、巻いて巻いてという感じでした。解散時間は23:30を過ぎていたかと思います。


帰りは電気の消えた店内を通って帰りました。


ジュンク夜


急いでいたのでぶれてしまった…あああ、残念。
真っ暗な本屋、不気味です。何も写ってないよな…?

[ 2013/08/31 12:05 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2013イチハナリアートプロジェクト(2)

『イチハナリアートプロジェクト』
感想の続きです。

おまけとして、気になったものをいくつかピックアックしてみました。


[ 2013/08/25 15:29 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2013イチハナリアートプロジェクト(1)

「イチハナリへ、ようこそ」

イチハナリ


先週、沖縄県うるま市の伊計島で開催されている『2013イチハナリアートプロジェクト』を観に行ってきました。

イチハナリというのは伊計島の古い呼び名だそうです。現在は橋が架かり車でも行くことの出来る離島、伊計島。その島で行われているアートイベントです。
期間は8月3日(土)〜9月1日(日)まで。入場は無料です。メイン会場は廃校となった旧伊計小中学校跡地で、そのほか伊計集落内にも展示されています。レンタサイクルも貸し出しているので、自転車で回ることも出来ます。

[ 2013/08/25 00:54 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

オキナワノコワイハナシ2013感想

ホラードラマ『オキナワノコワイハナシ2013』を観ました。


以下、感想を少し。
ネタばれを含みますので、これから観るという方はご注意を。


[ 2013/08/23 00:44 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

怪談夕涼み

結局行って来ました、怪談降臨ライブ『怪談夕涼み』。

琉球怪談Ustream動画番組『怪談降臨』の出張ライブです。8月10日、りうぼうホールにて。
大人向けである第二部の方を見に行きました。この日のために、数週間分の番組をまとめて視聴したという…もはや怪談漬けです。でも番組見てなくても十分楽しめる内容でした。
面白かった…そして怖かった。ゲストのzaoricさんという方の話が怖くて怖くて。編み物作家さんの話ならあんまり怖くないのでは、と甘く見ていてすいません。全く予想外でした。霊感ある人の実体験は何故あんなに怖いのか。怪談を語るというより「最近体験したちょっと変わった話」ぐらいの何でもない雰囲気なのですが、それがまた非常に生々しいのです。目の前で話を聞いて、なんだか落ち着かない気分になりました。

ライブ全体を通して、季節柄、お盆についての話が多かった気がします。しかしまあ…お盆直前に聞くもんじゃないですね…。先祖の霊が帰ってくる話とか、海に入ってはいけない話とか。
琉球怪談の朗読は三篇、『いか』『おどり』『海辺の女』。杉子さんの怪談朗読は相変わらず素晴らしかったのですが、夏休みシーズン真っ盛りに、全て海にまつわる怪談というナイスセレクト。えげつない…っ!!

その他、短い怪談をいくつも紹介するコーナーが良かったです。怪談レディオ。怖くも笑える話が多かったです。そういうの大好きだ。あとリーヤさんがとにかく可愛くて、さすがアシスタント兼アイドルだなと思いました。



思っていた以上に怖いライブでしたが、とても楽しかったです。
やっぱり夏は怪談ですね~。来週はジュンク堂でもイベントありますし、楽しみです。




↓帰りにおみやげをもらいました。赤い紙の小さな包みです。

怪談・あめ 怪談・あめ2

中身は飴玉でした。塩飴なのは…まさか魔除け…?

[ 2013/08/16 00:38 ] 妖怪・怪談メモ | TB(0) | CM(0)

コメント返信

13日の拍手コメント返信です↓

[ 2013/08/14 23:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ブログ一周年御礼


一周年


月日の流れは早いもので、当ブログも一周年を迎えました。


…というか迎えていました。8月7日に。
「そろそろだなー」とちらちら気にしていたはずなのに、気が付いたら過ぎ去っていました。あれ…?おかしいな…。誕生日や記念日など、特別な日はいつもうっかり通り過ぎてしまうタイプです。またやってしまいました。よく「○○の日にはこういう記事を描こう!」と考えては忘れています。今年も七夕などには描きたいネタがあったのに無かった事になりました。そういう事ばかりです、申し訳ございません。

そんなぐだぐだなブログもいつのまにか一年が経った訳ですが。

常日頃から、コメント・拍手・ランキング投票・アクセス数等々とても励まされております。本当にありがとうございます。妖怪や怪談がメインのくせに全然怖くない内容ばかりで恐縮ですが、これからもあんまり怖くない怪談中心ブログとして頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。





ところで上のイラスト、描き終わってから思ったのですが、

一周年その後

大惨事、一歩手前なんじゃね…?


よく考えずに雰囲気で描くとこうなります。
……反省します。

[ 2013/08/11 23:35 ] その他・イラスト | TB(0) | CM(0)

『日本怪異妖怪大事典』レビューのようなもの

7月に刊行された、小松和彦監修『日本怪異妖怪大事典』。
その価格、18,900円。


……高いよぉぉぉお!!!

と涙目でレビューを探したりして、値段が値段だけにあんまり見つからないわけで。いいなー欲しいなー、この値段は手が出ないよなー、でもいずれ買っちゃいそうだなー、何せ妖怪大事典ですよ大事典。そりゃあいつかは買うだろうなー。だったら今買ったほうがいいんじゃないかなー、でもでも二万はやっぱり高いよなー。
日本怪異妖怪大事典
(シャーペンは大きさ比較対象)



…と悩みに悩みぬいた末、遅ればせながら購入に至りました。


二万円弱は正直痛かったです…うん、懐が大ダメージ。アマゾンで調べていたら、おすすめ商品に『明治期怪異妖怪記事資料集成』を見つけまして。それが47,250円だったのを見て、何だか金銭感覚おかしくなりました。最後の一押し!

という訳でちょっとした感想なんぞを。
この本は『怪異・妖怪伝承データベース』を元に製作されており、現象・関連用語など様々な種類の項目に分類されています。『海坊主』『九尾の狐』といった妖怪名、『生き返り』『空中出現』『憑依現象』といった怪異現象、その他怪異に関するキーワードとして『蛇』『鮭』『百物語』『生首』なども項目の一つとなっています。
それらの中でもとりわけ目立つのが都市伝説や学校の怪談でして。『てけてけ』『赤マント』『口裂け女』などの古参だけでなく、『かしまれいこ』『バーサレ』さらには『くねくね』のような新しめのものまで。学校の怪談関連として『ピエロ』まであるという…いや、うん。ピエロ怖いよね。あと『キョンシー』は日本の妖怪じゃないだろ、と思ったらこれも学校の怪談関係でした。映画のせいらしい。キョンシーを学校の怪談に取り込んでしまう子供の想像力って逞しいなあ。

こういう本が出ると、やはり村上健司の『妖怪事典』と比較してしまいますが。『日本怪異妖怪大事典』には『妖怪事典』に載っていない妖怪が盛りだくさんです。しかしそもそもの収集基準が異なるので、反対に『妖怪事典』には載っているけど『日本怪異妖怪大事典』には載っていない妖怪も多いです。『日本怪異妖怪大事典』は基本的に民間伝承のみの収集であり、民俗事例であれば現代の怪談であっても収録しています。一方で、伝承されていた訳ではない創作妖怪は有名なものでも省かれているそうです。つまりは…両方持ってるといいですね!(笑顔)

データベースが元になっているだけあって、索引には力が入っていました。関連用語別の索引に加え、別称や類似現象からも探すことが出来ます。個人的に嬉しいのが、地域別の怪異・妖怪一覧も付いていること。例えば千葉幹夫の『全国妖怪事典』も地域別なのがとても便利だったので、これは有難いです。
インターネット上のデータも便利ですが、本ならぱらぱら捲って楽しめるところはやはり良いですね。何か調べたい妖怪がいるときは別として、新しく妖怪の話が知りたいときには書籍が便利かと思います。読み物としても面白いですし。ちなみに画像も所々差し込まれておりますが、白黒小さめなので資料というよりは参考程度ではないでしょうか。


怪異妖怪2
妖怪事典より分厚い。(一番上は『画図百鬼夜行全画集』。標準的な文庫本サイズ)

怪異3
画像も入ってます。



気になった話について少しだけ。


『饅頭食わせ』
子供に毒饅頭を食わせ歩く者が横行しているという怪異な噂。
それって本当に犯罪者では…?と思ったけど、実際の被害者がはっきりせず、犯人が人なのか怪異なのかも分からず、ひたすら噂だけが飛び交って人々を混乱させたらしいです。赤マントあたりにかなり近いですね。

『ヨダソウ』
ヨダソウの話を聞いた人の元へやってくる。防ぐにはこの名前を早口で逆さに唱えなければならない。
逆さに唱えれば正体がわかってしまう学校の怪談。私も子供のころに「アギョウサン、サギョウゴいかに」というバージョンで聞いてビビリました。この謎が解けないと殺されるよ!って脅されたりして…。ひどいもんです。
謎が解けないビビリのあなた。あいうえお表とにらめっこするか、ググって下さい。

『ピト・トリ・火(ピ)』
沖縄の青い火の玉で大凶とされる。
ぴと・とり・ぴ、ってなんか可愛い、発音が。ぴととりぴ。



知らなかった話が沢山あって楽しいです。この夏は事典を読んで過ごします。
そういえば『豆腐小僧』載ってたけど、これも民間伝承あるんだろうか…?
[ 2013/08/09 00:52 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ほおずき。

ほおずき

ほおずき市のニュースを見たら描きたくなったのでした。時間かかりすぎた…。

ほおずき可愛いです、形も色も。
名前も可愛い。「鬼灯」って書くのも良い。
[ 2013/08/03 00:33 ] その他・イラスト | TB(0) | CM(0)