マザーグースという呼び名

始まりました、マザーグース紹介。(※カテゴリも編集しました)
まずはマザーグースという呼び名についてです。


マザー(Mother)=母、グース(Goose)=がちょうなので、日本語訳だと「がちょうおばさん」「がちょう母さん」になります。
なぜ伝承童謡をまとめてマザーグースと呼ぶのか。本によってはがちょうおばさんという実在の人物が作った歌だと書かれていることもありますが、その説は現在否定されています。
1697年にフランスの作家シャルル・ペローが、伝承童話集『過ぎし日の物語』という本を出版しました。その本の挿し絵には、お婆さんの絵と「わがお母さんガチョウの話」という文が入っていました。本がイギリスで英訳出版される際、その文は「マザーグースの物語(Mother Goose's Tales)」と訳されました。この親しみやすい文句はその後、本のタイトルにも取って代わります。さらには1780年、イギリスで新しく出版された童謡集に『マザーグースのメロディ』というタイトルとして利用されました。このことでマザーグースの呼称はすっかり定着し、やがて現在のように伝承童謡そのものを指す言葉として使われるようになったそうです。


という訳で、実在しなかったと思われるがちょうおばさん。
しかし「がちょうおばさん」という人物について歌ったマザーグースも存在します。それは『オールド・マザーグース』という歌です。ちょっと長いですが、全文を紹介。

[ 2013/06/23 22:06 ] マザーグース | TB(0) | CM(0)

わかさ妖怪さんぽに行ってきました。

6月14、15日に市民講座『わかさ妖怪さんぽ』に参加しました。

一日目は琉球妖怪に関する座学、二日目は若狭地区周辺にある伝説スポットを探索するという講座です。
講師・小原猛さんの琉球妖怪紹介がとても勉強になりました。知らなかった妖怪の話を沢山聞くことができ、資料として配られた冊子の出来も垂涎ものでした…!

二日目の探索も、歩いて行ける範囲で色々な名所があって驚きました。耳切坊主伝説のある護道院跡の井戸や、牛マジムンを退治したときの岩、仲西の潮渡橋などなど。赤信号も皆で渡れば怖くないという訳で、私のようなビビリでもこの大人数ならどこにだって行けそうな気がします。嘘です…心霊スポットは勘弁して下さい。まあ別に怖い場所には行ってませんが。
本当は最後に潮渡橋で「仲西ヘーイ!」と叫ぶ予定だったのですが(全員で)途中でお流れに。ホッとしたような残念なような。とにかくまあ、仲西ヘーイ集団失踪事件はすんでのところで回避したわけです。小原さんだけは叫びましたけど…。

自分だけなら行かない(あるいは行けない)であろう場所もあり、とても興味深いツアーでした。それと同時に、自分でももっと色々探索してみようかという気持ちになりました。楽しかったなぁ…!


ちなみにメディアの取材も結構入ってるようでした。機材を持って走り回る取材スタッフさん…凄かったです。

耳切りお守り
↑お守り(塩)もらいました。



【おまけ】

今回の講座で、ダンガサマジムンという妖怪を知りました。へえぇ…そんなのいるのかぁ。
ダンガサマジムン
こんな地域で傘おばけか…なんて考えてしまいました。傘を中々差さないのは人にもよりますが。まさか置き去りにされたり打ち捨てられた傘の怨念か!とも思ったけど、器物の妖怪かどうかは分からないんですよね。傘に化けてるだけかもしれない。出典どこだろう…。

どちらにせよ、これからの台風シーズンが心配です。



※追記
ダンガサマジムンについて、新里幸昭『沖縄の妖怪』という論文にて言及されていました。(CiNiiで無料公開中)
「ダンガサマヂムンのダンガサは雨傘のことでこれに化けた妖怪という意味である。辺野古の近くのカタバル(潟原)の地に出て人を惑わしたようである」とのことです。

考えるクトゥルフ像

考えるクトゥルフ像
「………っ、大丈夫、起きてる起きてる!」



クトゥルフ神話、好きです。
こうやってちょっとずつ趣味を小出しにしていくのです。

[ 2013/06/15 16:37 ] クトゥルフ神話 | TB(0) | CM(0)

おとん女郎

『おとん女郎』
鳥取県気高郡立見峠に現れた化け狐。「おとみ」という名前で女郎に化けていたので「おとん女郎」という。

おとんじょろ

お絵かきソフトの『CLIP STUDIO PAINT』体験版をダウンロードしてみたので習作。

まだまだ使い方はよく分かってません。今までは主にAzPainter2を利用していたのですが、新しいソフト楽しい…!機能が多くてワクワクします。
でもAzPainter2も良いソフトですよ。低スペックパソコンでもサクサク動く軽さだし、分かりやすいし、描画も綺麗だし。まあ画像サイズには制限がありますが。
初めてデジタルで絵を描く方にはかなりおススメです。フリーソフトだからタダ!

パソコン購入記

先日、新しくデスクトップパソコンを購入しました。

自分に合ったスペックのパソコンをなるべく安く…!と、苦手なパソコンの勉強をしてBTOパソコンを組んでもらいました。ショップの店員さんにも質問しまくりです。いやあ時間かかった。
時間と手間はかかったものの、そこそこ性能のいいパソコンを手に入れることが出来ました。これまで使っていたノートパソコンは、重いわ固まるわで大変だったのです。

パソコン購入

急に本体からブツリと音がして、画面に何も表示されなくなってしまいました。古いノートパソコンにモニタを繋いでみると表示されるので、モニタの問題ではありません。
仕方なくサポートセンターに電話。修理に出すことになりました。

修理からは5日ほどで返ってきました。なんでも電源ユニットの初期不良だったらしいです。

壊れた部品を交換したのでもう大丈夫!のはずですが…。またいきなりブツッといきそうな気がして不安です。自分で部品の交換とか出来るといいんですけど。パソコンの知識がもっとあればな…、自作パソコンにも憧れます。
そういえば古いほうのノートパソコンも、購入早々初期不良で修理に出したのでした。キーが勝手に入力され続けて何もできなくなったので。なかなか買ってすぐ楽しむわけには行かないなぁ…。

とはいえ取りあえず今度は問題なさそう…です。多分。

お絵かきソフトも新しいの入れるぞー。重くて使えなかったやつとか!

[ 2013/06/08 15:05 ] その他・漫画 | TB(0) | CM(0)

耳切り坊主2

(前に紹介したときの記事 → 『耳切り坊主』

耳切りナイト
この歌が子守唄であると、いまだに信じられない。




↓以前紹介したのとは別のバージョンの歌詞があったので載せておきます。前のやつよりちょっとだけ長いです。
 「大村御殿の角なかい」だったのが「門なかい」になっていますね。そして武器が増えました…。
 

ヘイヨー ヘイヨー ヘイヨーヘイ
夕さんで町かい 追いねえ (夕方、母を追って市場へ行くと)
大村御殿の門なかい (門の所には)
耳切り坊主の 立っちょんど
幾たい幾たい 立っちょうたが (何人立ってるか)
三ちゃい四たい 立っちょんど (三人四人立ってるよ)
何と何と 持ちょみせが (何と何を持ってるか)
鎌ん刀ん 持っちょんど
小刀も包丁ぐわも持っちょんど
ヘイヨー ヘイヨー ヘイヨーヘイ
泣ちょる童 耳ぐすぐす (泣く子の耳を、ぐすぐす切るよ)
泣かん童 鉦打たせ (泣かない子には鉦を打たせてあげよう)
ヘイヨー ヘイヨー ヘイヨーヘイ

(『沖縄の伝説と民話』月間沖縄社より )