怪談夕涼み

結局行って来ました、怪談降臨ライブ『怪談夕涼み』。

琉球怪談Ustream動画番組『怪談降臨』の出張ライブです。8月10日、りうぼうホールにて。
大人向けである第二部の方を見に行きました。この日のために、数週間分の番組をまとめて視聴したという…もはや怪談漬けです。でも番組見てなくても十分楽しめる内容でした。
面白かった…そして怖かった。ゲストのzaoricさんという方の話が怖くて怖くて。編み物作家さんの話ならあんまり怖くないのでは、と甘く見ていてすいません。全く予想外でした。霊感ある人の実体験は何故あんなに怖いのか。怪談を語るというより「最近体験したちょっと変わった話」ぐらいの何でもない雰囲気なのですが、それがまた非常に生々しいのです。目の前で話を聞いて、なんだか落ち着かない気分になりました。

ライブ全体を通して、季節柄、お盆についての話が多かった気がします。しかしまあ…お盆直前に聞くもんじゃないですね…。先祖の霊が帰ってくる話とか、海に入ってはいけない話とか。
琉球怪談の朗読は三篇、『いか』『おどり』『海辺の女』。杉子さんの怪談朗読は相変わらず素晴らしかったのですが、夏休みシーズン真っ盛りに、全て海にまつわる怪談というナイスセレクト。えげつない…っ!!

その他、短い怪談をいくつも紹介するコーナーが良かったです。怪談レディオ。怖くも笑える話が多かったです。そういうの大好きだ。あとリーヤさんがとにかく可愛くて、さすがアシスタント兼アイドルだなと思いました。



思っていた以上に怖いライブでしたが、とても楽しかったです。
やっぱり夏は怪談ですね~。来週はジュンク堂でもイベントありますし、楽しみです。




↓帰りにおみやげをもらいました。赤い紙の小さな包みです。

怪談・あめ 怪談・あめ2

中身は飴玉でした。塩飴なのは…まさか魔除け…?

[ 2013/08/16 00:38 ] 妖怪・怪談メモ | TB(0) | CM(0)

気になる妖怪講座

うわー、ちょっと!素敵な企画を見つけました。

→ 『わかさ妖怪さんぽ』 (別ウィンドウ開きます)

6月14・15日に那覇市若狭公民館で行われる市民講座です。
講師は琉球怪談シリーズの小原猛さんだそうで…それは豪華!

いいなあ行きたいなあ。でも少人数講座って二の足踏みますねえ…。うーん、しかも二日。
ミミチリボーイくんハイセンスだけど、ゆるキャラとしては危険人物すぎる…!細かいキャラ設定が気になるところです。

(※元ネタの紹介 → 『耳切り坊主』


追記:結局行きました → 『わかさ妖怪さんぽに行ってきました。』

[ 2013/05/26 18:38 ] 妖怪・怪談メモ | TB(0) | CM(2)

琉球怪談近況

三月末に、『琉球怪談・妖怪大集合 ほんとうにあった怖い話朗読会』というイベントを覗いてきました。

『不思議な子どもたち~琉球怪談百絵巻』の出版記念企画だそうです。といっても怪談朗読は二話ぐらい?と少なめでした。それにプラスして、琉球新報の子供向け新聞『りゅうPON』で連載されている妖怪紹介コーナーが出張参加。沖縄の妖怪を、イラストのスライドショー付きで紹介するというものです。なので観客も子供が多かったのですが、子供向けにしては妖怪イラストが…本気で怖い。あれっ…これほんとに子供向け新聞で連載してるの。ちょっと怖すぎじゃないの。

スライドショーでの説明だけでなく、『りゅうPON』の切り抜きも展示されていたのが嬉しかったです。妖怪紹介マニアックでたまらない。早くまとめられて本にならないかなぁ。…多分まだまだ先のことだと思いますが。
切り抜きを読んでたら、隣に居た小学生二人が「あー仲西ヘーイだー」「仲西ー」「この橋ほんとにあるんだぜー」「ほんと?」「へーいって叫ぼうか!」「えーっ、だめだよー!」というような会話をしていて和みました。


しかし小学生の口から仲西ヘーイという言葉が飛び出す時代…、琉球怪談、来てますね。


○○○


さらに、本屋をうろうろしていたら『沖縄マジムン図鑑』という本を発見。購入しました。
この手の本が沖縄県内の地方出版社じゃないのは珍しいなあ。

沖縄の妖怪と神様をずらっと紹介した本です。妖怪資料というよりは入門本の類でしょうか。わかりやすく絵付きです。アカマターの絵がホスト風だったりと、コメディタッチのものが多め。しかし「どんな姿?」という解説はちょっとふざけすぎじゃないだろうか…。ユーリーは「長い髪で顔を覆い小顔効果を狙っている」とか、ウチャタイマグラーが「(質のいい着物を着ていて)ブランド好きのマジムン」とか…いいのか。かと思えばコラムは結構真面目だったりします。あと、この本でもジュリグヮーマジムンがジュリ馬姿でした。ゆいゆい!


有名どころの妖怪は大体載ってる感じでした。個人的に、神様紹介をまとめてあるのが良かったです。

あっ、でも仲西が載ってない!仲西!
沖縄妖怪を紹介するなら、仲西は是非とも入れてほしかった…!神隠し系はシチとかぶるからでしょうか、残念です。片足ピンザも入ってるのになぁ。




『シチマジムン』:沖縄の妖怪。シチ、またはシキ、ヒチ、シッキーともいう。真っ黒な姿で立ち塞がって、山路の通行を邪魔する。形の見えないぼんやりした雲か風のようなものといわれ、板戸の節穴からでも出入りできる。人を連れ出して何日も迷わし、時には墓穴に閉じ込めることもある。

『アカマター』:アカマターとは斑蛇(マダラヘビ)のことであり、ここでいうのはアカマターの妖怪を意味する。美青年に化けて女性を誘惑し、命を奪ったり子を孕ませたりする。


その他の妖怪は以前の記事で説明していますので、ご参考までに。
[ 2013/04/12 12:58 ] 妖怪・怪談メモ | TB(0) | CM(0)