ダニッチの怪(クトゥルフ神話)

ダニッチの怪

『ダニッチの怪(ダンウィッチの怪、The Dunwich Horror)』

アメリカの小説家、H・P・ラヴクラフトの書いたホラー小説。
クトゥルフ神話作品の一つである。


ダニッチという閉鎖的な田舎の村で、アルビノの女性が子供を産んだ。
子供は驚異的なスピードで成長し、やがては村にとてつもない恐怖をもたらすこととなる。
なぜならその父親は、邪神ヨグ=ソトースだったのである。


[ 2017/07/28 18:46 ] クトゥルフ神話 | TB(0) | CM(0)

イスの偉大なる種族(クトゥルフ神話)

イス人

『イスの偉大なる種族』 (イス〈イース〉の大いなる種族、イス人)

クトゥルフ神話に登場する種族。
イースという超銀河世界から、何億年も昔――太古の地球に到来した精神生命体である。

○○○

彼らは実体を持たず、精神を様々な生物に転移させることが可能。
種族の危機に瀕するたび、他の種族の体を乗っ取り存続し続けている。
太古の地球にやってきた際には、
現在のオーストラリアに生息していた円錐状生物の体を乗っ取った。(イラスト参照)

時間の秘密をつきとめた唯一の種族であるため、最も「偉大なる種族」と呼ばれている。
彼らは時間の壁を乗り越え、自らを過去や未来に投影することで
あらゆる時代の知識を学び取ることが出来る。
そのためにとても高度な文明を持ち、産業は機械化され、労働も行わない。
豊富な余暇は、知的・芸術的な活動に費やされる。

例えば未来を知る場合、専用の機械を用いて自らの精神を未来に投影する。
そしてその時代の生命体の中で、最も高度な種族の中から(例えば人類)
出来る限り最良の有機体を探し出す。
その有機体の脳に入り込み、精神の交換を行う。
入り込んだイス人は、周囲に溶け込んでの情報収集を行う。
追い出された精神は未来に関する情報提供を要求されるが、
イス人の居住区において、ある程度の自由な行動が許されている。

[ 2016/12/15 18:27 ] クトゥルフ神話 | TB(0) | CM(0)

古のもの(クトゥルフ神話)

>古のもの


『古(いにしえ)のもの』(Elder Thing、Old Ones)

クトゥルフ神話に登場する知的生物。樽のような胴体に、五芒星形の頭部と擬足、五枚の翼と触手を持つ。
宇宙から飛来し、太古の地球を支配していた。食用あるいは使役のため、新たな生命体を創り出し独自の文明を発展させた。やがて他種族との争いや、使役生物ショゴスの反乱などによって衰退していった。


H・P・ラヴクラフト『狂気の山脈にて(At the Mountains of Madness)』より。(『ラヴクラフト全集4』所収)




植物か動物かもよくわからない不気味な外見でありながら、クトゥルフ神話でも飛びぬけて人間らしい感性を持つ『古のもの』。
登場作『狂気の山脈にて』では、南極大陸の氷の下で冬眠状態にあったところを探検隊に発掘されます。目を覚ました『古のもの』は見たこともない生物(※人間)に取り囲まれ、仲間の体が解剖されてたりして大混乱。なんとか危機を逃れたものの、お次はショゴスの脅威に晒される。なんというか、苦労人すぎていっそ可愛いです。

ギレルモ・デル・トロ監督が、この『狂気の山脈にて』を映画にしたいという話がありましたが…どうなったんでしょうね。是非とも映像化してほしいところです。



ちなみに南極ホラーといえば、1982年のアメリカ映画『遊星からの物体X(The Thing)』。こちらも南極の氷の下から現れたという地球外生命体が登場し、生物に寄生しながら観測隊員を襲うというストーリーです。クトゥルフ神話の影響が示唆されているだけあって、かなり似たタイプのSFホラーでした。わりと古い映画なのですが、とても面白く、ちゃんと怖かったです。飛び上がります。
余談ですが、『南極料理人』(西村淳・著)という南極観測隊についてのエッセイがありまして(映画化されています。ゆっるいコメディで超面白いです。大好きです)。観測隊でビデオ上映会をしたというエピソードの中に、「南極の小さな基地でエイリアンが隊員の体に次から次に乗り移り、がんがん殺しまくるカーペンター監督の傑作『遊星からの物体X』はあまりにもその設定が自分たちの境遇にそっくりなこともあり、リバイバル上映はされなかった」という一文が書かれていました。
ただでさえ南極という閉鎖的環境の中、自分達と同じシチュエーションのホラーはさぞキッツいでしょうね…。

[ 2015/01/31 14:57 ] クトゥルフ神話 | TB(0) | CM(1)

ルリムさんちの食事情②

前回の続きというか、おまけ。
ルリム=シャイコースと魔道士エヴァグ一行の漫画です。


※カテゴリに『クトゥルフ神話』を追加しました。

[ 2014/08/22 17:46 ] クトゥルフ神話 | TB(0) | CM(0)

ルリムさんちの食事情①

クトゥルフ神話より、ルリム=シャイコース漫画です。

[ 2014/08/16 18:36 ] クトゥルフ神話 | TB(0) | CM(1)