スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

赤い靴(アンデルセン童話)

アンデルセン作の童話『赤い靴』より
少女カーレンと、剣を持つ天使の邂逅シーンです。

赤い靴

(2回クリックで拡大します)

「おまえは、踊りつづけるのだ!」と、その天使がいいました。

「おまえの赤い靴をはいて、踊るのだ。
おまえが、青ざめて、つめたくなってしまうまで!
おまえの肌が、まるで骸骨のようにちぢんでしまうまでも!
おまえは、この家の戸口からつぎの戸口へと、踊っていくのだ。
そして、うぬぼれやで、みえっぱりな子供の住んでいる家に行ったら、そこの戸をたたくのだ。
そうして、その子たちが、おまえの来たのを聞きつけて、おまえをこわがるようにするのだ!
おまえは、踊るのだ!踊るのだ!」

「許してください!」
と、カーレンは叫びました。


《引用:『赤い靴』 アンデルセン著、大塚勇三編・訳》
    (アンデルセンの童話3「雪の女王」所収)

スポンサーサイト

2017年・年賀

謹賀新年2017

『波山(ばさん)』

伊予(愛媛県)に伝わる妖怪。
夜更けに山家の門口をばさばさと叩く音がして、戸を開けるが何もいないということがあり
それゆえに別名「婆娑婆娑(ばさばさ)」とも呼ばれている。
常に深い藪の中に棲んでおり人目に付かないが
口から火を吐き、夜な夜な飛行するのだという。



あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします!

今年は酉年ということで、妖怪「波山」を描いてみました。
竹原春泉の『絵本百物語 桃山人夜話』に登場し、
「庭鳥(にわとり)の大きいものに類する」とか書かれてる波山。
口から火を吐き空を飛ぶでっかい鶏って、…何だかすごい。

真っ赤なサンタと漆黒のストーカー・おまけ

12月も末ですが、
ブラックサンタとサンタクロース漫画のおまけです。

メリークリスマス2016

サンタとトナカイとクネヒト
メリークリスマス!!

赤黒サンタでメリクリ

イスの偉大なる種族(クトゥルフ神話)

イス人

『イスの偉大なる種族』 (イス〈イース〉の大いなる種族、イス人)

クトゥルフ神話に登場する種族。
イースという超銀河世界から、何億年も昔――太古の地球に到来した精神生命体である。

○○○

彼らは実体を持たず、精神を様々な生物に転移させることが可能。
種族の危機に瀕するたび、他の種族の体を乗っ取り存続し続けている。
太古の地球にやってきた際には、
現在のオーストラリアに生息していた円錐状生物の体を乗っ取った。(イラスト参照)

時間の秘密をつきとめた唯一の種族であるため、最も「偉大なる種族」と呼ばれている。
彼らは時間の壁を乗り越え、自らを過去や未来に投影することで
あらゆる時代の知識を学び取ることが出来る。
そのためにとても高度な文明を持ち、産業は機械化され、労働も行わない。
豊富な余暇は、知的・芸術的な活動に費やされる。

例えば未来を知る場合、専用の機械を用いて自らの精神を未来に投影する。
そしてその時代の生命体の中で、最も高度な種族の中から(例えば人類)
出来る限り最良の有機体を探し出す。
その有機体の脳に入り込み、精神の交換を行う。
入り込んだイス人は、周囲に溶け込んでの情報収集を行う。
追い出された精神は未来に関する情報提供を要求されるが、
イス人の居住区において、ある程度の自由な行動が許されている。

[ 2016/12/15 18:27 ] クトゥルフ神話 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。