fc2ブログ








『超常怪奇現象ビジュアル大事典』お知らせ

2/29(木)発売の
「ムー認定! 最恐!! 超常怪奇現象ビジュアル大事典」にて
イラスト、漫画制作でちょこっとお手伝いさせていただきました。

amazon商品ページ→https://amzn.asia/d/igg4Izq
ムー超常1

ムー超常2

「ブギーマン」と「人体発火現象(パイロキネシス)」のページを担当しております。
久々のホラー本参加で嬉しい。しかもムーですよムー。
レジねこのナオくんがよろこぶやつ。


以前参加したホラー本↓
『うわさの怪談 恐怖の学校Special』のお知らせ
『うわさの怪談 タタリ』のお知らせ
てのひら怪談 癸巳(コンテストでの参加)
[ 2024/02/27 16:36 ] その他・イラスト | TB(0) | CM(0)

2024年・年賀

あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

今年は辰年!
2024年賀

『奇異雑談集』より
「硯われて竜の子出で天上せし事」

武蔵金河の禅寺に、水が常に湧き出で満ちている不思議な硯があった。
ある夏、硯が突然音を立て真っ二つに割れてしまった。皆が覗き込むと、割れた硯の中から虫が出てきた。寺の者は虫を殺そうとしたが、長老は「殺すべからず」と言って扇の上に載せ庭の蓮池に投げ入れた。すると池の中で虫はみるみる大きくなっていき、空は黒雲に覆われ蓮池に雷が落ちた。皆は寺の外に逃げ出した。雲の中に竜の頭が見え隠れ、そのまま竜の手足、あるいは尾の先が時々見えて昇っていった。雲が晴れて寺に戻ると、庭の石木も池水も荒れてめちゃめちゃになっていた。割れた硯はそのまま残っていたが、以後、水が出ることはなかった。
古老の人曰く「竜の子は海に千年、山に千年、里に千年。三千年すぎて竜となり天に昇ると言い伝えられている。海底の石に生まれた竜が硯として切り出されてしまうことはとても奇異不思議である」という。(要約)


参考: 高田衛 編・校注『日本怪談集(上)』岩波文庫

レジねこハロウィン2023

レジ袋ねこでハロウィンです。
レジハロ20231

レジハロ20232

レジハロ20233

記事にしてもらいました

漫画「セーブポイントに出会うということ」
リアルサウンドさんのサイトにてインタビュー記事を作ってもらいました。

【漫画】住宅街の片隅で“セーブポイント”を発見した少年、その後の人生は……SNSで公開された短編漫画が深い



しかもバイオハザード公式さんにネタにしてもらえた…
大感謝!
[ 2023/10/01 16:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

妖怪イラスト使ってもらいました

沖縄のローカル番組、
『ザ☆チャレンジ!』内の「プチ OKINAWA TRAVELLER」にて、私の描いた妖怪イラストを使ってもらいました。
那覇市の伝説スポットを紹介する企画です。

8月21日深夜QABにて放送、YouTube版もあります↓


ずっと以前、ブログにて紹介した仲西へ―イのイラストですね。(すでにサムネ画像に)
 ※こちら→「仲西ヘーイ」「続・仲西ヘーイ」

描いててよかった仲西へ―イ。
でも10年前に描いた絵を使ってもらうのは勇気がいりました。(ちょこっと修正あり)
懐かしいやら恥ずかしいやら…。
仲西の出る潮渡橋に行ってみた」という地味日記もあります。
ガーナー森も探索したことあるんですが、こっちは記事にしてなかったな。